法人のお客様向けサービス

毎月の月次決算、事前の納税シミュレーションを行い、納税時に慌てることがないようサポートさせていただきます。節税対策だけでなく、事業計画、資金繰りなど会社の様々なシーンに応じたサービスを提供します。

亀山敦志税理士事務所では、お客様に次のような業務を行っておりますので、お気軽にご連絡ください。

  • 経理指導
  • 月次決算
  • 消費税計算
  • 会計システム導入のご支援
  • 決算事前対策のご指導
  • 事業計画書作成
  • 資金繰り表作成
  • 銀行融資、助成金等のための申請資料作成
  • 起業支援

記帳代行サービス

設立時などには、お客様にとって手間の掛かる日々の入力業務のために貴重な時間を取られて本業に専念できないことがあります。また、仕訳入力には、複式簿記の知識が必要となりますが、誤った入力をして税務上お客様にとって不利益な結果となることが少なくありません。そのような細かな誤りが重なると、決算時にやり直さなくてはならないこともでてきます。そのような事態が起きてしまわないように、経理代行サービスをご提供しております。

 

※当事務所と顧問契約を締結された場合は、記帳代行も承っていますのでご相談ください。

記帳代行は、下記のようなお客様におすすめです。

無理なく支払える値段で会計・税務の事務作業から解放され、節税対策でお金を手元に残しながら本来の仕事の時間を増やすのに良いかと思います。

  • 本業に時間を割きたい
  • 会計処理に時間がない
  • 会計処理を行う人材がいない
  • 経理担当者が退職したため次の採用までの穴埋めをしたい
  • 経理担当者が産休に入った

その他の業務

源泉所得税の納付書作成

毎月の給料や報酬などから源泉徴収をした所得税及び復興特別所得税の納付書を作成します。

 

納期限までに、「所得税徴収高計算書(納付書)」またはe‐Tax(インターネットバンキング)を利用して、金融機関や所轄の税務署の窓口で納付します。

 

源泉徴収をした所得税及び復興特別所得税の納期限についてはこちらをご参照ください。

年末調整

 

年末調整とは、給与の支払をする個人又は法人が、給与の支払を受けるスタッフや青色事業専従者のために、毎月の給料や賞与などの際に徴収した税額とその年の給与の総額について計算される税額とを比較しその過不足を精算する手続きです。

 

年末調整は、毎年12月ごろ~1月ごろに行います。

 

詳しい説明はこちらはこちらをご確認ください。

 

 

法定調書合計表

 

法定調書の作成及び提出が必要な場合は、その年中に給与や、報酬、不動産の使用料等を支払った個人及び法人です。毎年11月下旬から12月上旬に、所轄の税務署から提出用紙と手引きが送られてきます。

 

集計期間は、1月~12月で、提出期限は、翌年1月31日になります。

 

償却資産申告書

 

固定資産税は、土地や家屋の他に、事業のように供する業務用機器などを償却資産として課税します。毎年1月1日現在所有している償却資産については、その資産がある事務所又は支店ごとに都市町村に申告する必要があります。

 

毎年、12月中旬に都税事務所、市役所、町村役場から申告書と手引きが届き、翌年1月31日までに提出します。

税務調査

税務調査には、いろいろなパターンがあります。詳細については、都度ご対応となりますので亀山敦志税理士事務所まで、お問い合わせください。

取り扱い中のクラウド会計ソフト



会社運営におすすめ情報


亀山敦志税理士事務所

  • 〒226-0027 横浜市緑区長津田6-11-2-2
  • TEL : 050-3718-6608
  • 携帯:090-6513-5103
  • メール:kameyama@kameyama-tax.com
  • 受付:09:00〜21:00

メールでのお問い合わせ

送付いただいた個人情報は、お問い合わせ対応のためにのみ使用します。目的以外での使用はいたしません。

メモ: * は入力必須項目です