横浜市が設備投資をサポート「中小企業設備投資等助成」募集開始

中小企業設備投資等助成制度(先端設備導入型)」は、横浜市内の中小企業者(※)が行う生産性の向上に資する設備投資に対し、経費の一部を助成するのでお知らせします。

対象事業は、交付申請書提出後に設備の売買契約を締結し、設備を稼働し、助成対象経費全額の支払いを2020年12月25日までに完了する必要があります。

ただし、新型コロナウイルス感染症の対策の設備投資に限り、2020年1月6日まで遡って対象とします。

詳しくは、「募集案内」をご確認ください。

 

※説明会の代替えとして募集案内の「補足資料」を4月23日までに公開する予定です。

       

詳しくは、横浜市経済局ものづくり支援課へお問い合わせください。 

TEL:045-671-2597

       

 

手続の流れ

制度説明会 → 事前相談(必須) → 申請書の提出 → 契約の締結(コロナ対策型に限り、2020年1月6日まで遡って対象とする) → 交付決定 → 実績報告書の提出/現地調査 → 交付金額の確定 → 助成金の受領

取り扱い中のクラウド会計ソフト



会社運営におすすめ情報


亀山敦志税理士事務所

  • 〒226-0027 横浜市緑区長津田6-11-2-2
  • TEL : 050-3718-6608
  • 携帯:090-6513-5103
  • メール:kameyama@kameyama-tax.com
  • 受付:09:00〜21:00

メールでのお問い合わせ

送付いただいた個人情報は、お問い合わせ対応のためにのみ使用します。目的以外での使用はいたしません。

メモ: * は入力必須項目です