法人ETCカード

創業、開業をしてから1~2年の新規設立の会社ですと、個人のクレジットカードのようにETCカードを簡単に作れないため、 困っている会社は少なくないかと思います。
よくある理由としましてクレジット会社が、会社(企業)に対し保証を出さないため、 カードを発行してくれないからです。
先日ガソリンカードをご紹介しましたが、横浜市青葉区の亀山敦志税理士事務所では、法人や 個人事業者でも作れ、全国で使えるETC協同組合のETCカードをご紹介します。

 

おすすめする高速情報協同組合 ETCカードの特徴は、
1.多くの従業員にその都度、現金を渡さなくていい
2.利用明細(請求書)で管理が簡単 ・入口、出口のインター名記載 ・カードごとに金額が明確に出る
3.高速道路のみ利用できるカード(クレジット機能付いてない)
4.ETC車載器がなくても手渡しで利用可能
5.必要カード枚数お申込可能
6.時間帯・休日等により30%割引適応
7.レンタカー、従業員の車でも利用可能
8.新会社でも申込み可能

 

仕事で高速道路をよく使う方にはぜひおすすめします。 なぜなら、現金を従業員に渡さなくてよいので現金管理が不要です。小口現金や経費精算をしていると業務が煩雑になり、面倒ですがETCカードを利用すればその手間もなくなります。大量のレシートから解放され、 請求明細は利用内容がわかりやすく記載されているので管理が簡単です。

 

そして、会計入力や管理業務時間も大幅に短縮できます。 freee(フリー)会計やMF(マネーフォワード)のMFクラウド会計などクラウド会計ソフトをご利用の場合には、カードの明細データをクラウド会計ソフトへ取り込みすることにより入力の手間が軽減されます。

 

クラウド会計freee(フリー)、こちら

MFクラウド会計は、こちら

 

freee(フリー)会計やMF(マネーフォワード)のMFクラウド会計の導入、入力方法のご説明など亀山敦志税理士事務所では承っておりますので、お気軽にご連絡ください(相談無料です)。

お問い合わせ

いただいた個人情報は、お問い合わせ対応のためにのみ使用します。

目的以外での使用はいたしませんので、ご安心下さい。

メモ: * は入力必須項目です