マネーフォワード(MFクラウド会計)

マネーフォワードのMFクラウド会計は、入力方法が、家計簿を付けるような感じで進める簡単入力があり、

また詳細入力として複式簿記で入力をすることもできますので、MFクラウド会計は、簿記、会計の知識がある方にとっては、使いやすくお勧めです。

 

MFクラウド会計を導入することで入力の手間は大幅に削減でき本業への時間が増える、より良い経営ができるかと思います。

 

横浜市青葉区に事務所を構えて活動する亀山敦志税理士事務所でもマネーフォワード(MFクラウド会計)を扱っており、サポートしております。

 

操作時の不明点やこれから導入するにあたっての気になるところなどございましたらお気軽にご相談ください。

 

MFクラウド会計は、Mac対応の会計ソフト でインストールが不要、Windowsはもちろん、Macでも ご利用できます。MFクラウド会計は、クラウド型の会計ソフトなので、クラウドバックアップにより、端末の破損や紛失、 災害時もビジネスデータは安全です。MFクラウド会計を活用する横浜市青葉区の亀山敦志税理士事務所でも電話サポート、メールサポート、チャットサポートだけでなく、訪問サポートもしておりサポート体制は万全です。

MFクラウド会計の5つの特長

1.面倒な作業はすべて自動化!

明細データの自動取得、仕訳の自動入力で、これまで時間がかかっていた会計業務がラクになります。

 

2.完全無料で自動アップデート

税法改正や消費税の増税にも自動アップデートで対応。パッケージ型の会計ソフトと異なり全て無料で更新します。

 

3.いつでもどこでも利用できる

従来のパッケージソフトとは違い、時間・場所問わず利用可能なため、会社のパソコンがなくてもご利用いただけます。

 

4.万全のサポート体制で未経験者でも安心

使い方ガイドや充実のサポートで、会計業務が初めての方でも問題なくご利用いただけます。

 

5.会計ソフトからの乗り換えも簡単・スムーズ

他社会計ソフトからの移行にも対応しています。ソフトの乗り換えにも配慮しているので、移行ストレスを感じることなくご利用いただけます。

MFクラウド会計を活用する横浜市青葉区の亀山敦志税理士事務所では、取引明細の取得設定、自動仕訳ルールの設定、他社会計ソフト(弥生会計やfreee(フリー)の仕訳帳データのインポート取り込みのお手伝いなど導入サポートを行っております。

MFクラウド会計の安心・安全サポート

クラウド型のバックアップなので、パソコンなどの破損や紛失、災害時もビジネスデータは安全に保管されており安心かと思います。

MFクラウド会計を活用する横浜市青葉区の亀山敦志税理士事務所は、みずほ銀行や三菱東京UFJ、三井住友銀行など数多くの金融機関が信頼して出資するMFクラウド会計をお勧めしております。MFクラウド会計は、TRUSTe(トラストイー)の認証を取得しており、暗号化して厳重にデータ管理をしているので、亀山敦志税理士事務所は、MFクラウド会計が安心安全なクラウド型会計ソフトと考えております。

MFクラウド会計へのデータ入力

亀山敦志税理士事務所では、他社会計ソフトからの移行にも対応していますので、会計ソフトの変更はスムーズに行なえます。

※事前に他社会計ソフトの仕訳帳のCSVデータが必要になりますので、エクスポートしてください。

 

仕訳入力は、銀行口座、カード登録の取引明細だけでなく、AirREGI(エアレジ)やSquare(スクエア)などの連携サービスが充実しているので活用すれば仕訳入力の手間が省けます。

 

亀山敦志税理士事務所では、他社会計ソフトからの移行にも対応していますので、会計ソフトの変更はスムーズに行なえます。 仕訳入力は、銀行口座、カード登録の取引明細だけでなく、AirREGI(エアレジ)やSquare(スクエア)などの連携サービスが充実しているので活用すれば仕訳入力の手間が省けるのでお勧めしております。

仕訳ルールの学習機能で、仕訳を自動提案

MFクラウド会計へ移行後は、銀行口座やカードを登録することで取引明細を自動で取得しますので、面倒な仕訳登録は不要です。

 

勘定科目は、推測で自動提案されます。自動提案は、仕訳ルール学習機能がありますので、使うほどにより確かな勘定科目を提案します。使えば使うほどに効率は上がっていきます。

 

 

仕訳ルールは、効率よく会計入力するために大変役に立つ機能です。

仕訳ルールは、事前に登録可能ですので、亀山敦志税理士事務所では、事前登録を活用しております。

MFクラウド会計は、仕訳ルールの自動提案機能により勘定科目を推測します。また、仕訳ルールの学習機能があるので、提案する勘定科目は精度が向上していきます。亀山敦志税理士事務所では、この図のように表示されるように自動仕訳ルールの設定サポートを行っております。

レポート、試算表など帳票の作成機能も充実

仕訳登録をすれば、自動で決算書(損益計算書、貸借対照表)を作成しますので、毎月、金融機関へ決算書を提出しなくてはならない場合でも対応可能です。

 

その他にも、月々の推移表、前期比較、キャッシュフローレポートが自動作成されます。

事前に設定することにより、部門別集計表や得意先レポート、仕入先レポートなども作成されますので、経営分析という面でも活用できる会計ソフトかと思います。

 

また、アプリをダウンロードすることにより、移動時間などにスマホ、iPhoneでも収益、費用を確認でき経営分析がかのうで便利です。

MFクラウド会計は、この図のような決算書(損益計算書、貸借対照表)、月々の推移表、前期比較表、キャッシュフローレポート、部門別集計表や得意先レポート、仕入先レポートなども作成されます。亀山敦志税理士事務所は、MFクラウド会計が経営分析という面でも活用できる会計ソフトかと考えております。

マネーフォワード(MFクラウド会計)は、2017年8月25日(金)東京証券取引所マザーズ市場への新規上場を承認され、2017年9月29日(金)に上場予定です。

 

クラウドでデータ管理を行い、遠隔でもデータ共有ができるため亀山敦志税理士事務所は、横浜市青葉区に税理士事務所を構えておりますが、横浜以外のお客様に対してもマネーフォワード(MFクラウド会計)の導入や、入力時の不明点など会計を通してサポートしております。

 

ご利用をご検討の方、導入済みの方もお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ

いただいた個人情報は、お問い合わせ対応のためにのみ使用します。

目的以外での使用はいたしませんので、ご安心下さい。

メモ: * は入力必須項目です