クラウド会計導入

クラウド会計の導入でバックオフィスの業務効率化!クラウド会計の導入、導入後の会計・決算申告業務はお任せあれ

クラウド会計とは

クラウド会計とはパソコン上で行っていた会計処理をインターネットのクラウドサーバにある会計ソフトを利用し記帳するサービスです。クラウド会計の入力したデータを会計事務所と共有する事ができ会計データをやり取りの手間がなくるなど、今後ますます経理や総務の業務効率化が図れます。

導入支援サービス

導入サポート

クラウド会計ソフトを導入して経理を楽にしたい方のために、クラウド会計を導入して会計記帳の環境整備を実施します。

クラウド会計の導入には事前に設定することが数多くあります。

  • 会計ソフトと銀行データやカード情報の連携設定
  • 仕訳ルール
  • 自動登録ルールなどの各種ルール設定
  • 取引テンプレートなど各種テンプレート設定
  • 導入サービスの決定

などなど、行うべきことは多岐に渡ります。

当事務所はこれらの細かな設定、クラウド会計ソフトの利用方法についても支援いたします。

 

導入後もサポート

取引登録後に登録の確認、修正を行うことが多くあります。試算表や、決算書出力などお客さまの必要に応じて、クラウド会計利用時のサポートも行います。

 

お客様それぞれの利用状況に合ったサポート、不明点や疑問点をご相談いただき個々に対応いたします。

取扱いクラウド会計

当事務所で取り扱っているクラウド会計ソフトは、freee(フリー)、MF(マネーフォワード)、 弥生会計オンラインになります。

クラウド会計を利用するメリット

従来の会計ソフトと比べたメリット

  • パソコン、スマホ、インターネット環境があればすぐに始められ、いつでも、どこからでも利用可能
  • クラウドサーバにあるソフトウェアを利用するので、パソコン毎のソフトウェアの購入が不要
  • 消費税率が変わったときなどによるアップグレード不要
  • クラウドサーバーにてデータ管理を行い、バックアップがされるため、データ消失リスクが低い
  • 入力したデータを税理士事務所と共有する事ができ、会計データをやり取りする手間が省ける
  • 銀行口座やクレジットカードと連携をすることにより、会計仕訳入力の手間が大幅削減
  • 科目などを自動振り分け機能があり、科目を推測して表示するので入力が効率的
  • Airレジ(エアレジ)等の他社連携サービスが充実しており、バックオフィスの効率化が図れる
  • 請求書も作成でき、作成した請求書から会計ソフトへ仕訳内容を登録可能
  • 消込機能により入金、支払い漏れを確認できる
  • 経費精算機能により経費の承認の手間を省略、仕訳内容の登録が可能

従来の会計ソフトと比べたデメリット

  • 月額利用料がかかる
  • インターネット環境に応じては動きが遅くなる
  • 会計データや、口座・クレカ情報を登録するので、万一トラブルが合った時は被害が大きい

クラウド会計ソフトを利用した場合の経理業務の流れ

クラウド会計ソフトを利用した場合の経理の業務作業につきまして、大まかな流れとクラウド会計ソフトで利用できる機能は、下記図のようになります。

機能につきましては、全てのクラウド型会計ソフトに共通して利用できるものではありませんので、ご興味のあるクラウド型会計ソフトを個別にご確認する必要があります。

従来の会計ソフトと比較した場合、今まで行っていた振替伝票で仕訳を登録するというような作業が減少し、

仕訳登録の時間が短縮されるだけでなく、会計、簿記の勉強を初められた方でも会計入力の作業が出来るようになるかと考えております。

※上記内容は、亀山敦志税理士事務所で取り扱うfreee(フリー)、MF(マネーフォワード)、弥生会計オンラ インに共通して利用できる機能ではありません。 導入前に利用したい機能があるかどうかを個々のクラウド型会計ソフトについてご確認する必要がありますで、 ご了承ください。業種や業務内容により最適なクラウド会計ソフトは異なりますので、クラウド会計ソフトをご検討の際には、横浜市青葉区に事務所を構える亀山敦志税理士事務所へお気軽にご連絡ください。

お客様の声

会計事務所と会計情報をスピーディーに共有し的確なアドバイスが受けられるようになった

今までは税理士が月に1回訪問して質問してましたが、クラウド会計システムを導入することで亀山敦志税理士事務所へ都度質問もでき、会社の状況を逐一確認することができるようになりました。 日々の電話でのお問合わせの際にも、内容の濃いアドバイスをいただいています。また、銀行借入など突発的に試算表、決算書が必要になった際にも月次訪問を待たず、会計ソフトから出力できるようになりました。


税理士からのコメント

経理作業時間を削減できる

クラウド会計ソフトの導入で、ほとんどの会社が経理作業時間を削減できます。

インターネットバンキングとの連動機能やクレジットカードの明細を自動で取り込む機能があり、自動仕訳できます。これにより金額入力の誤りがなくなり会計データの残高が一致します。また日付や摘要欄への内容入力時間が減りクラウド会計によって経理作業の自計化ができるようになり、効率的になりました。

また、スマホやタブレットからも気軽に帳簿の確認が可能になります。また、スマホやタブレットから領収書を読み込むことで空き時間に面倒な領収書の登録ができ楽になります。

経理作業時間を削減でき、会社の帳簿を常に把握できることがクラウド会計導入の大きなメリットの1つです。クラウド会計導入により、会社の財務状況を常に把握しやすくなります。

 

時代に合ったシステムを使える

クラウド会計ソフトは従来のインストール型の会計ソフトとは異なり、アップデートをする必要がありませんので、常に最新のバージョンを使用できます。弥生会計は複数で会計ソフトを利用する場合にはライセンスを増やす必要がありますが、Freee、MFでは、ライセンスを追加で購入する必要はないので複数で会計ソフトを利用することができます。


この他のお客様の声

他の税理士でクラウド会計を対応してもらえませんでしたが、亀山敦志税理士事務所が相談し、会計ソフトを変更せずに済み、ストレスなくクラウド会計ソフトを利用できます。

クラウド会計を導入しようと思いましたが、どの会計ソフトが合っているかわからず、誰に相談して良いか分かりませんでした。亀山敦志税理士事務所が対応できると知り相談しました。対応もよく、業務効率ができ良かったです。


亀山敦志税理士事務所に依頼するまでは、会計事務所へ資料を送り入力から依頼してたので、決算のときまで数字を把握してませんでしたが、クラウド会計を導入してからは、リアルタイムで利益を確認できるようになりました。

経理初心者の私にとって、初めはできるかどうか不安もありましたが、亀山先生に都度質問できるので、会計入力ができるようになりました。


亀山敦志税理士事務所

神奈川県横浜市青葉区すみよし台18-15

TEL:050-3718-6608

携帯:090-6513-5103

(受付 09:00〜21:00)


メールでのお問い合わせ

いただいた個人情報は、お問い合わせ対応のためにのみ使用します。
目的以外での使用はいたしませんので、ご安心ください。

メモ: * は入力必須項目です